「試合はとにかく楽しめたら勝ち、楽しめなかったら負け」/ 作新学院 小針崇宏監督

日々の努力によって培われた力は、勝負所や大事な場面で、必ず味方となってくれるものである。

しかし、どれだけスキルやスペックを高めていても、思うような結果が残せないことがある。

本番の独特な緊張感や、周囲からの期待によるプレッシャーなどに屈すると、持っている力が出せないからだ。

こうした状況に陥らないためには、どんな状態になろうとも、楽しむことが、最大の予防策となる。

そんな考えから、作新学院を指揮している、小針崇宏監督は、試合で楽しむことを求めている。

小針監督は、就任以降、夏の予選を筆頭に、県大会では圧倒的な好成績を残し続けている。

そのため、常にファンやOBからは、「勝って当然」という見方をされ、公式戦には重圧がつきものである。

そこで小針監督は、楽しく試合をすることをモットーとし、ミスに対しても、前向きに捉えるよう伝えるなど、メンタルのケアに務めている。

こうすることで、萎縮による力が出し切れずに、負けることを防ぐだけでなく、持っているもの以上の力を引き出せるのである。 

作新学院の記事はこちら。

【関連】國學院栃木の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です