「考える材料は一生懸命に言うけど、答えは自分で出せ」/ 愛工大名電 倉野光生監督

人にはそれぞれ、向き不向きや得意不得意などの、個性があり、1人として同じことはない。

そのため、誰かの成功した事例を真似しても、同じような結果が得られる可能性は、極めて低い。

一方で、誰かの失敗した方法や、世間では推奨されていないやり方が、適しているケースもある。

従って、周囲の評判や先入観で取捨選択せずに、何事も、自分で考えたり、実際に試してみることが求められている。

そんな考えから、愛工大名電を指揮している、倉野光生監督は、たくさんのノウハウを伝えるようにしている。

倉野監督は、全国制覇へ導いた経験や、幾人ものスター選手を育て上げた実績があり、その過程で、あらゆる知識を身につけてきた。

そこで選手たちには、在籍中に、できるだけ沢山の情報を提供し、課題克服のヒントに繋げたり、スキルアップに生かすように、サポートしている。

もちろん、最終的な決断は、個々でなければ出せないとして、強制をするようなことはしないが、考えの基になることは、惜しみなく伝授している。

その結果、2年半という限られた時間でも、スムーズに成長ができ、個人としてもチームとしても、成果が出せるのである。

愛工大名電の記事はこちら。

【関連】中京大中京の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です