「相手がいる野球の勝ち負けは操作できないけど、自分自身に勝つことは操作できる」/ 聖光学院 斎藤智也監督

21世紀に入って初めて甲子園出場を果たすと、その後は、甲子園常連校となり、夏は2007年から連続出場の記録を更新し続けている福島県の聖光学院

そんなチームを1999年より指揮しているのが、「陸奥の名将」と称されている、斎藤智也監督である。

斎藤智也監督の記事はこちら。

斎藤監督は、県内ですら無名校だった聖光学院を「3年で甲子園」という厳しい条件つきでの就任であった。

戦力は在学中の選手が中心であり、日数にすれば1000日ほどしかないなどの、環境は限られていた。

【関連】学法石川の記事はこちら。

そこで、技術や身体を強化するには限度があると考え、限度のない「精神」を強化する指導方針を決めたのであった。

監督自ら「精神」の強化に必要な本を読みあさり、得た知識や考え方を無駄なく選手たちに伝え、「強い選手」を育てることに力を注いでいった。

やがて、「精神」を強化することで、県内や地区の強豪校に「力」では劣るものの、試合では負けないチームへと成長し、2年目で悲願の甲子園出場を果たした。

その後は、「精神力」を武器に強豪へと成長を遂げると、2008年夏から5年2ヶ月間、県内負け無しという驚異的な記録も残した。

何事にも動じない「精神力」を身につけた聖光学院が、東北の悲願を達成する日は近そうだ。

聖光学院の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です