「勝つだけがすべてではない」/ 星稜 山下智茂監督

高校野球に取り組む多くの選手たちには、甲子園や全国制覇というものは、幼き頃からの夢がある。

そのため、指導者は、彼らの想いを尊重し、叶えられるように、サポートすることが求められている。

しかし、部活動はあくまでも、学校教育の一環であるため、勝つことを最優先してはならない。

野球を通して、一人前の人間に育てた上で、野球を教えたり、勝利を追求することが、指導者には必要なのである。

そんな考えから、星稜高校を指揮していた山下智茂監督は、教育者としてグラウンドに立ち続けていた。

山下監督は、石川県勢初の夏の甲子園準優勝へ導いたことを筆頭に、記録にも記憶にも残る実績を、幾多も残している。

だが、自らの立場は、野球の指導者ではなく、教育者であるとして、勝利至上主義に陥ることなく、人間形成を目指し続けていた。

もちろん、チームの悲願である日本一を叶えるために、心身ともに徹底して鍛え上げることも行っていたが、勝つためだけの野球をすることはなかった。

そうした山下監督の、教育を大切にした指導スタイルは、全国の指導者からリスペクトされ、素晴らしい伝統として、各地で受け継がれてる。

星稜高校の記事はこちら。 

【関連】金沢高校の記事は。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です