「能力と結果は必ずしも同じではありません」/ 仙台育英 須江航監督

人にはそれぞれ、物事に対して得意不得意や好き嫌い、向き不向きがあるため、同じ条件でチャレンジしても、結果に差が出ることが多い。

自分の得意なものや好きなもの、向いているものにに取り組んだ場合は、努力や鍛錬が苦にならず、成果は得られやすいからだ。

しかしながら、能力があるからといって、必ずしも成果が出るわけでもなければ、能力のない人でも成果は出ることがある。

例え苦手なことであっても、正面から向き合って辛抱強く挑戦を続ければ、自然と力が身につき、結果が出せるようになる。

そんな考えから、仙台育英を指揮している須江航監督は、自らのスキルに過信したり絶望させないような指導を行っている。

高校野球界を代表する強豪の仙台育英には、毎年、高いレベルの技術を持った選手たちが入学してくる。

そのため、中には自らの力を過信して練習を怠ったり、周りのレベルに圧倒されて努力を諦める選手も存在している。

そこで須江監督は、能力と結果が同じではないことを教え、更なるレベルアップや小さな課題から克服することなど、一人ひとりに適した助言を送っている。

また、こうした考えは、試合前にも選手たちに伝え、相手チームの力だけを見て判断しないようにさせている。

目の前の状況のみで判断するのではなく、可能性からチャンスを作り出してベストを尽くさせる須江監督の指導は、これからも仙台育英の強さを支えていく。 

仙台育英の記事はこちら。

【関連】東北高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です