「中途半端な気持ちで臨んでも何もならない」/ 専大松戸 持丸修一監督

スポーツの世界では、結果を出すことも大事  ではあるが、結果が出るまでの過程も大切である。

努力の重要性や、仲間と支え合うことの素晴らしさ、一生懸命頑張ることのカッコ良さなど、様々なことが学べるからだ。

そのため、難しい課題や目標であっても、結果を意識せず、目の前のことに真摯に取り組むことが必要である。

諦め半分で挑んだり、手を抜きながらチャレンジするなど、中途半端な状態では、何も得られない。

そんな考えから、専大松戸を指揮している持丸修一監督は、野球に取り組む姿勢にこだわっている。

持丸監督は、就任したいずれの高校でも、甲子園出場を果たしていることから、その実績が脚光を浴びことが多い。

だが、指導では、結果にこだわることはなく、個人やチームのベストを尽くすことだけを求めている。

従って、練習の一球にも、真剣な気持ちで向き合うように促し、手を抜いている場合には、厳しく指導をしている。

そうすることで、例え野球で結果を残せなかった選手たちも、次なるステージでは、高校時代に学んだ全力プレーが武器となり、勝者となれているのだ。 

専大松戸の記事はこちら。

【関連】木更津総合の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です