「勝てない悔しさを常に持ち続けないといけない」/ 市和歌山 半田真一監督

勝負の世界では、ある程度の結果を残すと、向上心というものが、少なくなってくる。

現状の結果が納得できるものであれば、無理に高い理想を求めずに、今の状態を維持したいと考えるからだ。

しかし、ライバルや周りは、常にレベルアップを目指しているため、現状に満足していれば、置いていかれてしまう。

どんな時でも、上手くいかなかった時や負けた時の悔しさを持ち続け、成長を目指さなければならない。

そんな考えから、市立和歌山を指揮している半田真一監督は、勝てなかった悔しさを、忘れずに指導を行っている。

半田監督は就任当初、県内最大のライバルである、智弁和歌山の壁を越えれずに、何度も悔し涙を流していた。

努力を重ねて、工夫を凝らし、その壁を超えることに成功したものの、今度は、甲子園での勝利に苦戦強いられた。

だが、そうした辛さや悔しさが、成長のためのエネルギーになるとして、マイナスに捉えず、チーム全体のモチベーションへとつなげている。

負けからのスタートで、年々レベルアップを遂げる、半田監督率いる市立和歌山から、今後も目が離せない。

市和歌山の記事はこちら。

【関連】智弁和歌山の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です