「必要なときに必要な力を出せることが大事」/ 創成館 稙田龍生監督

スキルやスペックというものは、どれだけ優れたものであっても、身につけるだけでは、効果が出ることはない。

日々の努力によって体得したものは、実践で発揮してはじめて、結果や評価につながるものである。

そのためには、技術や能力を磨くだけでなく、どんな状況にも応じない、メンタルを鍛えていく必要がある。

緊張や重圧がある場所で、持っている力を発揮できれば、必ず望んでいる成果につながる。

そんな考えから、創成館高校を指揮している稙田龍生監督は、力をつけさせるだけでなく、いつでも発揮できるように、指導を行っている。

稙田監督は、自らが社会人野球で培ったきた、守り勝つ野球を軸として、チーム作りを行っている。

そのため、基礎や基本については、時間を割いて、丁寧に身につけさせるなど、隙がないようにしている。

一方で、実践を意識した練習では、一球勝負で取り組ませ、やり直しができない状態で、集中力やメンタルを強化している。

こうすることで、プレッシャーのある中でのプレーも、難なくこなすことができ、選手たちは結果を残せるのだ。

創成館の記事はこちら。

【関連】長崎日大の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です