「やれることを全力でやっていれば、結果はついてくる」/ 光星学院 川上竜平選手

2011年の夏の甲子園で、県勢としては42年ぶりの、チームのしては初の決勝進出を果たし、準優勝を成し遂げた青森県の光星学院高校。

当時、チームの主将を務めていたのが、投打の軸としてもチームを引っ張っていた、川上竜平選手である。

“「やれることを全力でやっていれば、結果はついてくる」/ 光星学院 川上竜平選手” の続きを読む

「漠然ではなく本気の練習をしなければいけない」/ 八戸学院光星 仲井宗基監督

3季連続で甲子園の決勝に進み、東北勢の悲願に「あと一歩」の所まで近づいた、青森県の八戸学院光星

チームを2010年から指揮しているのは、U18(高校日本代表)のコーチも務めている、仲井宗基監督である。

“「漠然ではなく本気の練習をしなければいけない」/ 八戸学院光星 仲井宗基監督” の続きを読む

「ハンデなんて言ってたら、その時点で負けです」/ 八戸学院光星 仲井宗基監督

東北勢の悲願」に後一歩まで3季連続で近づいた青森県の八戸学院光星

甲子園では、平成の30年間で28の勝ち星を挙げ、83回のセンバツ大会から10大会続けて初戦突破をするなど安定感も誇り、今や東北だけでなく全国を代表する強豪校である。

そんなチームを指揮するのは、仲井宗基監督である。

続きを読む

「たとえ負けたとしても、それが人生の財産になる」/ 八戸学院光星 仲井宗基監督

3季連続で甲子園の決勝に進み、東北勢の悲願に近づいた、八戸学院光星

甲子園に出場すると、常に上位進出をし多くの勝ち星を残している。

東北だけでなく、全国を代表する強豪校である。

チームを指揮するのは、仲井宗基監督

続きを読む