「弱気になったら神様は微笑んでくれない」/ 八戸学院光星 仲井宗基監督

勝負事で勝つためには、力の大きさや技のレベルの高さも必要だが、それ以上に、気持ちの強さというものも欠かせない要素である。

例えどれだけ優れた能力を持っていたり、日々の鍛錬で磨き上げられたスキルを身につけていても、それらを発揮する上では、強気なメンタルがなければならないからだ。

その一方で、自身が出せる最大の力を発揮するための強い気持ちがあれば、相手より力が劣っていても勝てる可能性が高まるものである。

そうした考えから、野球の技術や体を鍛えるより、弱気にならないメンタル面を育てる指導に力を入れているのは、八戸学院光星仲井宗基監督である。

仲井監督は、普段の練習から強い気持ちは作れるとして、雪が積もり外で練習できない冬でも、室内だからこそできることを探し、雪国でない地域にもマインドだけは負けないようにさせている。

また、レギュラーや控えに関係なく、極力同じ練習メニューに取り組ませ、ライバル意識や競争心を作るなど、常に攻める気持ちを忘れされない工夫もしている。

強気の野球を代名詞に闘う、仲井監督八戸学院光星の選手たちは、東北勢の悲願に向けて、更なる技術の成長とともにメンタルの向上も目指している。

↓仲井宗基監督の記事はこちら↓

八戸学院光星の記事はこちら。

【関連】青森山田の記事はこちら。

【関連】弘前学院聖愛の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です