「『粘り強さ』や『あきらめない心』というのは、日頃からの正しい行ないの積み重ねによって生まれてくるもの」/ 日大三 小倉全由監督

“「『粘り強さ』や『あきらめない心』というのは、日頃からの正しい行ないの積み重ねによって生まれてくるもの」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「今までの練習が何の意味もないと逃げたらダメ」/ 日大三 小倉全由監督

“「今までの練習が何の意味もないと逃げたらダメ」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「厳しい野球を楽しくやらせることが大事」/ 日大三 小倉全由監督

“「厳しい野球を楽しくやらせることが大事」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「『監督と選手』の前に『一人と一人の人間』」/ 日大三 小倉全由監督

高校野球では、選手たち同士の繋がりは比較的簡単ではあるが、立場の異なる指導者と選手が繋がりを持ったり、信頼関係を築くことは難しいものである。

“「『監督と選手』の前に『一人と一人の人間』」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「選手が父親と慕う熱血監督の元、日本大学第三高校、深い絆で掴んだ2度目の全国制覇です!!」

2011年

第93回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

日大三高 (西東京代表) × 光星学院 (青森県代表)
“「選手が父親と慕う熱血監督の元、日本大学第三高校、深い絆で掴んだ2度目の全国制覇です!!」” の続きを読む

「理論は大切ですが、高校生は心をつかむこと」/ 日大三 小倉全由監督

情報社会の発達や化学の進歩によって、高校野球界にもかつてはなかった練習メニューや、トレーニングなどが導入され、理論に基づいた指導を行う監督は増加傾向にある。

“「理論は大切ですが、高校生は心をつかむこと」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「普段の練習以上のことをやろうとすると失敗する」/ 日大三 近藤一樹選手

2001年の夏の甲子園で、当時の甲子園チーム打率の記録を更新する.427を残し、全国制覇を成し遂げた、日大三高

そんなチームでエースとして、守りの面を支え、優勝に大きく貢献したのが、近藤一樹選手である。

“「普段の練習以上のことをやろうとすると失敗する」/ 日大三 近藤一樹選手” の続きを読む