「12回も素晴らしい投球を続ける、星稜のエース!日本のエース!奥川!!」

2019年

第101回全国高等学校野球選手権大会

3回戦

星稜 (石川県代表) × 智弁和歌山 (和歌山県代表)
“「12回も素晴らしい投球を続ける、星稜のエース!日本のエース!奥川!!」” の続きを読む

「高校野球はすごい!高校球児はすごい!!」

2018年

第100回全国高等学校野球選手権記念大会

2回戦

済美 (愛媛県代表) × 星稜 (石川県代表)
“「高校野球はすごい!高校球児はすごい!!」” の続きを読む

「キャッチボールには人生がある」/ 星稜 山下智茂監督

勝負にこだわりながらも、教育者としての立場を優先し、人を育てることにこだわり続けたからこそ、星稜高校の山下智茂監督は、「人格者」と称されるのだろう。

“「キャッチボールには人生がある」/ 星稜 山下智茂監督” の続きを読む

「優勝旗が見えかけてくるところから、真の闘いが始まる」/ 星稜 山本省吾選手

1995年の甲子園に、春夏連続で出場し、センバツでは8強進出、夏の選手権では準優勝を成し遂げた石川県の星稜高校。

当時、2年生ながら、チームのエースを務めていたのは、1年時から全日本選抜にも選ばれていたことから、大会注目投手でもあった、山本省吾選手である。

“「優勝旗が見えかけてくるところから、真の闘いが始まる」/ 星稜 山本省吾選手” の続きを読む

「野球にミスは付き物ですが、いかに無くしていくかも大事なこと」/ 星稜 林和成監督

球史に残る数々の名勝負を甲子園で繰り広げ、スター選手も多数育て上げてきた名将、山下智茂監督からバトンを受け継いだのは、OBの林和成監督である。

林監督は、自身が現役時代に恩師の山下監督に教わったことを指導をベースとし、中でも、伝統である「耐えて勝つ」のモットーは、変えることなく引き継いでいる。

“「野球にミスは付き物ですが、いかに無くしていくかも大事なこと」/ 星稜 林和成監督” の続きを読む

「『5打席連続敬遠された』という事実にふさわしい打者に成長しよう」/ 星稜 松井秀喜選手

1992年の甲子園に、春夏連続出場を果たし、センバツでは8強に進出した、石川県の星稜高校。

当時、チームの主軸を務めていたのは、甲子園での4本を含む、高校通算60本塁打を記録していた、松井秀喜選手である。

“「『5打席連続敬遠された』という事実にふさわしい打者に成長しよう」/ 星稜 松井秀喜選手” の続きを読む

「一人一人の限界は違うけど、限界の限界をいかに伸ばしてやるかが大事」/ 星稜 山下智茂監督

数々の名勝負を繰り広げながらも、後一歩のところで敗れていることから、山下智茂前監督は、「負ける度に有名になるチーム」と自身の指揮した星稜高校を言い表す。

監督就任当時は、県内ですら無名で、専用グランドもなく、部員も9人に満たない状態であったが、どこにも負けない情熱で北陸の野球を根本から変えていった。

“「一人一人の限界は違うけど、限界の限界をいかに伸ばしてやるかが大事」/ 星稜 山下智茂監督” の続きを読む