「人生は自分で作っていくもの」/ 星稜 林和成監督

人は誰しも生きていく中では、自身の信念やの意志というものだけでなく、様々な人や周囲の環境から受けた影響を組み合わせ、自分という作品を作りあげていくものである。

特に、自分の価値観やの考え方では見つけられないものを、他人や環境に自ら求めることが、成長成果人間としての向上を目指す上では必要である。

だが、そうしたものは、自身でコントロールできるものではないことに加え、理不尽痛みを伴うこともしばしばあり、どうしても避けがちになってしまう。

それでも、困難や苦労があるからこそ、人生が楽しく充実したものになるのだと伝え、逆境にも感謝の心を持つよう指導をしているのは、星稜を指揮している林和成監督である。

林監督は、日々の練習で訪れる辛さや、上手くいかない時に感じる不安などのマイナスの感情も、人生を作る上で必要な要素として、ポジティブに考えるよう促している。

時には、自身の都合ではない災難や試練と巡り会うこともあるが、個人では経験することのできない価値ある時間としてプラスに考えさせている。

あらゆる経験から何かを学んだり感じたりし、自分の人生を強くしたり美しくしながら歩み続ける星稜の選手たちと林監督は、今日も野球だけでなく人間を磨き上げている。

↓林和成監督の記事はこちら↓

星稜高校の記事はこちら。

【関連】遊学館の記事はこちら。

【関連】金沢高校の記事はこちら。

「甲子園っていうのは人を変えてくれるところ」/ 星稜 山下智茂監督

球児たちにとって憧れであり夢の場所でもある聖地甲子園球場に出場した際には、想像を絶する喜びや滅多に味わえない達成感が得られる。

“「甲子園っていうのは人を変えてくれるところ」/ 星稜 山下智茂監督” の続きを読む

「生徒たちがやりやすい環境を作るというのが、指導者としての仕事」/ 星稜 林和成監督

高校野球の指導者という立場は、技術の指導以外にも、教育の一環であることから、生活態度や礼儀作法も学ばせて、人間教育を行うことも求められる。

“「生徒たちがやりやすい環境を作るというのが、指導者としての仕事」/ 星稜 林和成監督” の続きを読む

「12回も素晴らしい投球を続ける、星稜のエース!日本のエース!奥川!!」

2019年

第101回全国高等学校野球選手権大会

3回戦

星稜 (石川県代表) × 智弁和歌山 (和歌山県代表)
“「12回も素晴らしい投球を続ける、星稜のエース!日本のエース!奥川!!」” の続きを読む

「高校野球はすごい!高校球児はすごい!!」

2018年

第100回全国高等学校野球選手権記念大会

2回戦

済美 (愛媛県代表) × 星稜 (石川県代表)
“「高校野球はすごい!高校球児はすごい!!」” の続きを読む

「キャッチボールには人生がある」/ 星稜 山下智茂監督

勝負にこだわりながらも、教育者としての立場を優先し、人を育てることにこだわり続けたからこそ、星稜高校の山下智茂監督は、「人格者」と称されるのだろう。

“「キャッチボールには人生がある」/ 星稜 山下智茂監督” の続きを読む

「優勝旗が見えかけてくるところから、真の闘いが始まる」/ 星稜 山本省吾選手

1995年の甲子園に、春夏連続で出場し、センバツでは8強進出、夏の選手権では準優勝を成し遂げた石川県の星稜高校。

当時、2年生ながら、チームのエースを務めていたのは、1年時から全日本選抜にも選ばれていたことから、大会注目投手でもあった、山本省吾選手である。

“「優勝旗が見えかけてくるところから、真の闘いが始まる」/ 星稜 山本省吾選手” の続きを読む