「いきなり完璧を目指すのではなく、伸ばせるところをまず伸ばしていこう」/ 星稜 林和成監督

球史に残る数々の激闘と2度の夏の甲子園での準優勝を記録している、北陸地方を代表する名門、星稜高校。

そんなチームを指揮しているのは、選手時代に甲子園4強進出や松井秀喜選手と左右間を組んだ経験を持つ、OBの林和成監督である。

“「いきなり完璧を目指すのではなく、伸ばせるところをまず伸ばしていこう」/ 星稜 林和成監督” の続きを読む

「人のやってないことをうんと多くやらないと勝てません」/ 星稜 山下智茂監督

高校野球界で長年、北陸の野球を引っ張り、平成7年と令和元年の甲子園で準優勝を成し遂げている、名門、星稜高校。

そんな星稜で、 38年間指揮を執っていたのが、春夏合わせて25回の甲子園を経験している山下智茂監督である。

“「人のやってないことをうんと多くやらないと勝てません」/ 星稜 山下智茂監督” の続きを読む

「負けて涙は出ましたけれど、悔しい涙ではなくてここまで来られて良かったという涙でした」/ 星稜 奥川恭伸選手

2019年の夏の甲子園で、準優勝を成し遂げた石川県の星稜高校。

そんなチームを、エースとして支えていたのが、4季連続で甲子園のマウンドを経験した奥川恭伸選手である。

“「負けて涙は出ましたけれど、悔しい涙ではなくてここまで来られて良かったという涙でした」/ 星稜 奥川恭伸選手” の続きを読む

「選手が僕以上のことをやらないと日本一っていうのはない」/ 星稜 山下智茂監督

石川県と北陸の高校野球野球の歴史を作ってきた、伝統校、星稜高校。

昭和47年夏の初出場から、箕島高校との延長18回の死闘や、明徳義塾戦の5打席連続敬遠、平成7年・令和元年の夏の甲子園準優勝など、数々の名勝負や記録を残している。

そんな名門で、38年間指揮を執り、春夏合わせて25回甲子園へ導いたのが名将、山下智茂監督である。

続きを読む

「努力は裏切らない」/ 星稜 林和成監督

高校野球界で長年、北陸の野球を引っ張っている存在である石川県の星稜高校。

昭和47年夏の初出場から、箕島高校との延長18回の死闘や、明徳義塾戦での松井選手に対する5打席連続敬遠、平成7年の夏の甲子園準優勝など、数々の記録や記憶に残るチームである。

そんな名門で選手として甲子園に出場し、現在は星稜野球部で指揮をとっているのが林和成監督だ。

続きを読む

「花よりも、花を咲かせる土になれ」/ 星稜 山下智茂監督

高校野球界で長年、北陸の野球を引っ張っている存在である石川県の星稜高校。

昭和47年夏の初出場から、箕島高校との延長18回の死闘や、明徳義塾戦での松井選手に対する5打席連続敬遠、平成7年の夏の甲子園準優勝など、数々の記録や記憶に残るチームである。

箕島の記事はこちら。

明徳義塾の記事はこちら。

そんな名門を38年間指揮を執っていたのが、山下智茂監督である。

続きを読む