「選手のためにやった上で結果が出なかったとしても、何も恥ずかしいことはない」/ 静岡 栗林俊輔監督

“「選手のためにやった上で結果が出なかったとしても、何も恥ずかしいことはない」/ 静岡 栗林俊輔監督” の続きを読む

「チームスポーツである以上、自分のことをこなすだけでは足りない」/ 静岡 栗林俊輔監督

“「チームスポーツである以上、自分のことをこなすだけでは足りない」/ 静岡 栗林俊輔監督” の続きを読む

「変わり栄えしない練習を、どういう意識でやるかが大事」/ 静岡 栗林俊輔監督

“「変わり栄えしない練習を、どういう意識でやるかが大事」/ 静岡 栗林俊輔監督” の続きを読む

「次の目標が決まらなくても、気持ちが晴れなくても、まず一歩を踏み出せば、道は開けてくる」/ 静岡 栗林俊輔監督

“「次の目標が決まらなくても、気持ちが晴れなくても、まず一歩を踏み出せば、道は開けてくる」/ 静岡 栗林俊輔監督” の続きを読む

「努力はやり方を正しく、間違えずに行い続けることが大切」/ 静岡 栗林俊輔監督

努力を行う上では、時間をかけたり回数を重ねた方が結果につながるという世間の声が多いため、それらに影響を受けた人は量を重視する傾向にある。

“「努力はやり方を正しく、間違えずに行い続けることが大切」/ 静岡 栗林俊輔監督” の続きを読む

「選手から『監督はもういらない』と言われるくらい自立したチームを作りたい」/ 静岡 栗林俊輔監督

高校野球では、監督からのサインや指導者からの言葉によってゲームを展開していくことも多いため、どうしても指示待ちのスポーツというイメージが強い。

“「選手から『監督はもういらない』と言われるくらい自立したチームを作りたい」/ 静岡 栗林俊輔監督” の続きを読む

「劣勢な時や思い通りに行かない時、どう行動をとるかで真価が問われる」/ 静岡 高木康成選手

1999年の甲子園に、センバツは19年ぶり、夏は12年ぶりで春夏連続出場し、共にベスト16入りを果たした、静岡高校

当時、チームのエースを務めていたのは、夏の甲子園の初戦で、金属バット導入後の最多となる17奪三振を記録した、高木康成選手である。

“「劣勢な時や思い通りに行かない時、どう行動をとるかで真価が問われる」/ 静岡 高木康成選手” の続きを読む