「選手の人生を預かっているのに遠慮はできない」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

2004年の夏に、北海道に初めて「深紅の大優勝」を持ち帰り、翌年には連覇を達成するなど、数々の実績を残している駒大苫小牧高校。

チームを2009年より指揮しているのは、主将としてチームを初の全国制覇に導いた経験を持つ、OBの佐々木孝介監督である。

“「選手の人生を預かっているのに遠慮はできない」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督” の続きを読む

「いかに小さなことを見逃さないか」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督

2004年の夏に、史上初の北海道勢の甲子園制覇を成し遂げ、翌年も甲子園を制して夏連覇の偉業を達成した駒大苫小牧

そんな駒大苫小牧を1996年から2007年まで指揮していたのが、香田誉士史監督である。

“「いかに小さなことを見逃さないか」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督” の続きを読む

「『優勝』って僕たちだけの力じゃなくて、先輩たちが作ってきてくれたものの結果だと思うんです」/ 駒大苫小牧 林裕也選手

2004年の夏の甲子園で、北海道勢として初の全国制覇を成し遂げた駒大苫小牧高校。

当時、二年生ながら二塁手として試合に出場し、準々決勝で後にプロ入りを果たす横浜高校の涌井投手から、サイクルヒットを放つなどの活躍で優勝貢献したのが、林裕也選手である。

“「『優勝』って僕たちだけの力じゃなくて、先輩たちが作ってきてくれたものの結果だと思うんです」/ 駒大苫小牧 林裕也選手” の続きを読む

「面白くない基礎練習だからこそ見えてくるものがある」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

両チーム合わせ39安打、23得点のとどまるところを知らない打ち合いの決勝戦を制して北海道勢として初の甲子園制覇を成し遂げた駒大苫小牧

2005年にも優勝し夏の甲子園連覇を達成し、その翌年も夏の甲子園の決勝に進み、敗れはしたものの早稲田実業と決勝戦引き分け再試合で球史に残る名勝負を繰り広げた実績がある。

しかし、そんな名門も夏の甲子園は07年を最後に遠ざかっている。

そこで名門の復活を託されたのが、選手時代に主将として深紅の大優勝旗を初めて北の大地に持ち帰った佐々木孝介監督である。

続きを読む

「かがんだぶん、ジャンプしたときは大きかった」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督

2004年の夏に北海道勢として史上初の甲子園制覇を成し遂げた駒大苫小牧

翌年も甲子園を制し、史上6校目の夏連覇の偉業を達成すると、翌年は決勝で敗れたものの、夏の甲子園3年連続決勝進出という驚異的な成績を残した。

そんな駒大苫小牧を指揮していたのが、香田誉士史監督である。

続きを読む

「『やっておけばよかった』と思うことは全て実行する」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

2004年の夏の甲子園で、北海道勢として初の甲子園制覇を成し遂げた駒大苫小牧高校。

2005年にも優勝し、夏の甲子園連覇を達成。翌年も夏の甲子園の決勝に進み、敗れはしたものの、早稲田実業決勝戦引き分け再試合で球史に残る名勝負を繰り広げた。

そんなチームを指揮しているのは、甲子園初優勝時の主将であった佐々木孝介監督である。

続きを読む

「『無理だ』という言葉を捨てたらあれも、これもできる」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督

2004年の夏の甲子園で、北海道勢として初の甲子園制覇を成し遂げた駒大苫小牧高校。

2005年にも優勝し、夏の甲子園連覇を達成。

翌年も夏の甲子園の決勝に進み、敗れはしたものの、早稲田実業と決勝戦引き分け再試合で球史に残る名勝負を繰り広げた。

早稲田実業の記事はこちら。

そんなチームを指揮していたのが、香田誉士史監督である。

香田誉士史監督の記事はこちら。

続きを読む