「マウンドの田中もフィールドを守るナインもダグアウトの選手たちもスタンドも故郷の人たちも心はこの一球にひとつ!! 」

2005年

第87回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

駒大苫小牧 (南北海道代表) × 京都外大西 (京都府代表)
“「マウンドの田中もフィールドを守るナインもダグアウトの選手たちもスタンドも故郷の人たちも心はこの一球にひとつ!! 」” の続きを読む

「今年、甲子園のエース!紛れもない、君だ!斎藤佑樹!!」

2006年

第88回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

早稲田実 (西東京代表) × 駒大苫小牧 (南北海道代表)
“「今年、甲子園のエース!紛れもない、君だ!斎藤佑樹!!」” の続きを読む

「打てないとかエラーとかはどうでもいいから、とにかく全員で雰囲気を出そう」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督

雪はハンデ」という概念を覆す、雪の降る冬場にも外での練習を行い、史上初の北海道勢の全国制覇を成し遂げ、高校野球の歴史を大きく変えた、駒大苫小牧

“「打てないとかエラーとかはどうでもいいから、とにかく全員で雰囲気を出そう」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督” の続きを読む

「一球への気概が勝っていれば、負けない確率が高くなる」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

選手時代に主将として、北海道の高校野球史を塗り替えた佐々木孝介氏は、母校、駒大苫小牧の監督として、復活とその先の全国の頂点を目指している。

かつては、3年連続で甲子園の決勝に進出し、黄金期を築いたチームも、その後は甲子園から遠ざかり、部員の激減や予選の初戦敗退などが続いていた。

“「一球への気概が勝っていれば、負けない確率が高くなる」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督” の続きを読む

「個人プレイではなくチームのために貢献する」/ 駒大苫小牧 糸屋義典選手

2004年の夏の甲子園で、大会記録を更新するチーム打率.448を残し、北海道勢初の全国制覇を成し遂げた、駒大苫小牧高校。

当時、チームの正捕手を務めていたのは、好リードと大会通算20打数14安打という驚異的な数字で優勝に大きく貢献した、糸屋義典選手である。

“「個人プレイではなくチームのために貢献する」/ 駒大苫小牧 糸屋義典選手” の続きを読む

「どんな植物でも、ずっと日なただと枯れちゃう」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督

2004年の夏の甲子園で、北海道の高校野球の歴史を、全国制覇という最高の結果で変えた駒大苫小牧

当時チームを指揮していた香田誉士史監督は、名だたる名将や名門ですら成し得ることのできなかった偉業を、就任から僅か10年で成し遂げふという離れ業をやってのけた。

“「どんな植物でも、ずっと日なただと枯れちゃう」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督” の続きを読む

「自分が上達していける環境に身を置くこと」/ 駒大苫小牧 田中将大選手

2006年の夏の甲子園で、決勝戦引き分け再試合の末敗れるも堂々の準優勝を果たした、北海道の駒大苫小牧高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、前年の夏の甲子園でチーム最長イニングを投げ、優勝(連覇)に貢献するなどの成績を残し、「世代最強」として注目されていた田中将大選手である。

“「自分が上達していける環境に身を置くこと」/ 駒大苫小牧 田中将大選手” の続きを読む

「選手の人生を預かっているのに遠慮はできない」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

2004年の夏に、北海道に初めて「深紅の大優勝」を持ち帰り、翌年には連覇を達成するなど、数々の実績を残している駒大苫小牧高校。

チームを2009年より指揮しているのは、主将としてチームを初の全国制覇に導いた経験を持つ、OBの佐々木孝介監督である。

“「選手の人生を預かっているのに遠慮はできない」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督” の続きを読む