「楽しければ選手は思わぬ力を発揮する」/ 高松商業 長尾健司監督

人は誰しも、自分の好きなことや得意なことであれば、率先して鍛錬に励むことができる。

その一方で、苦手なものや不得意なことに対しては、努力はもちろん、挑戦することにも消極的になってしまう。

だが、成果や成長を得るためには、逃げてばかりではなく、正面から向き合い、課題を克服しなければならない。

そうした事情を考慮し、課題の克服を促しつつも、楽しんで取り組める方法を模索しているのは、高松商業を指揮する長尾健司監督である。

長尾監督は、中学野球の指導を通して、主役の選手たちが楽しむことが、勝つために必要であることを学び、高松商業でもそのスタイルを継承した。

就任当時のチームは、伝統校ゆえの独特の周囲からの期待が、プレッシャーとなり、持っている力を発揮できていない状態であった。

また、結果を残せていないことから自信が持てず、目の前にある課題から目を逸らす選手も少なくなかった。

そこで長尾監督は、技術面において叱ることをせず、選手たちが楽しめるように、前向きなるアドバイスや明るい雰囲気を作ることに専念した。

その結果、苦手や不得意なことにも楽しめるようになり、成長の速度が加速すると、120%の力が発揮できるようになり、見事、復活を遂げたのであった。

高松商業の記事はこちら。

【関連】英明高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です