「チームが同じ方向を向いているなら、一時の勝敗は関係ない」/ 早稲田実業 和泉実監督

野球というスポーツは団体競技であるため、能力が優れた個人がどれだけ揃っていても、チーム力がなければ勝てないものである。

しかし、チーム力というものは、控え選手や指導者も含めた全員の心が1つにならなければ、手に入らない。

また、ただただ同じ時間を共有したり、同じ場所で長時間一緒に過ごしているだけで、得られるものでもない。

そんな手に入れることが難しいチーム力を、上手く引き出し、数々の結果を残しているのは、早稲田実業を指揮する和泉実監督である。

早稲田実業は、多くのスター選手を輩出している高校野球界屈指の名門ではあるが、都内有数の進学校でもあるため、野球のエリートばかりが入学してくるわけではない。

そうした事情から和泉監督は、甲子園や全国制覇を狙う上では、個々に頼るよりチーム力という武器で闘わなければならないとして、全体のレベルアップを求めている。

そのため、練習試合などではゲームの内容や結果より、チームの状態を重視している。

そして、例え試合に負けても、敗戦がチームを1つにするきっかけになることもあるとして、プラスに働かせるように、言葉でサポートをしている。

チームスポーツの強みを引き出すために、広い視野でチームを育てる和泉監督に導かれ、早稲田実業はこれからも飛躍を遂げる。

早稲田実業の記事はこちら。

【関連】日大三高の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です