「野球で結果を出すだけがすべてじゃない」/ 高松商 長尾健司監督

高校野球の3年間では、個人の技術的な成長を目標にしたり、チームで甲子園や全国制覇を目指すことが一般的であり、そのために練習に励むのである。

その一方で、教育の一環でもあるため、野球で結果を出す以外にも、自立を身につけたり、人として立派になることなども高校野球には求められている。

しかし、野球が好きで野球の成果を手に入れるために入部や進学をしてきた選手たちに、野球以外の面を指導することは難しいのが事実である。

そんな課題を克服するために、自らが手本となったり頭を下げることで選手たちに理解を求め、人間性を育てることにも力を入れているのは、高松商業を指揮する長尾健司監督である。

長尾監督は、普段の練習では主役は生徒として、選手たちの自主性を尊重し、怒鳴り上げるようなことはせず、基本的にはサポート役に徹している。

その反面、準備やグラウンド整備には自ら積極的に参加し、助け合うことの大切さなどを身をもって指導し、選手たちの人間力向上に汗を流すこともある。

口先や建前だけではなく、自らが手本となるような指導で、野球人としても一人の人間としてもキチンと育てる長尾監督は、選手たちの野球と人生の勝利へ向かって、今日もアシストを続けている。

↓長尾健司監督の記事はこちら↓

高松商業の記事はこちら。

【関連】英明高校の記事はこちら。

【関連】尽誠学園の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です