「心の強さのある選手がレギュラーを勝ち取っていく」/ 早稲田実 和泉実監督

高校野球だけでなくどんなスポーツにおいても、レギュラー選手になるためには、技術の高さやスキルの数以上に、心の強さが求められる。

事実、試合には負けられないプレッシャーやミスの不安、独特の雰囲気などがあり、そうしたものに動揺しない心の強さがなければ、持っている力を発揮できずに終わってしまう。

一方で何事にも動揺しない強い心があれば、技術や能力では勝てない相手にも、臆することなく堂々の自分たちのプレーができるため、勝利を掴める可能性が高まる。

そうした考えから、肉体的成長や技術的進歩以上に、心を鍛えることを選手たちに求め指導をしているのは、早稲田実業を指揮する和泉実監督である。

和泉監督は、心を強くするためには、自らの弱点や課題と真摯に向き合う姿勢が必要として、何事も謙虚に受止め、落ち着いて客観視するように伝え、時にサポートしている。

また、自身の調子の善し悪しや試合の流れに左右されないような、冷静な気持ちも必要として、普段から劣勢や最悪の場合を想定して取り組ませている。

自分や試合の状況を客観的にとらえ、その状態で出せるベストに向けて努力や調整を行う早実ナインと、控えめながらも誰よりも強い心を持つ和泉監督から今後も目が離せない。

↓和泉実監督の記事はこちら↓

早稲田実業の記事はこちら。

【関連】東海大菅生の記事はこちら。

【関連】日大三高の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です