「コツコツ努力する者は最後に勝つ」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督

高校野球史上、甲子園で最も勝利を挙げているのは、智弁和歌山を率いていた高嶋仁監督である。

そんな高嶋監督と言えば、今ではすっかりチームの代名詞にもなっている、大逆転劇だろう。

幾多もの伝説として語り継がれる試合でみせた、強打で一気に畳み掛け勝負を決めるスタイルは、多くの野球ファンを虜にしている。

しかし、そんな豪快さとは裏腹に、高嶋監督が日々の練習で求めていたのは、コツコツと努力することであった。

そこには、日々の練習で培った力しか、試合では通用しないという経験から学んだ持論があったからだ。

そのため、練習では試合での派手さを感じさせないほど、基礎や基本の繰り返しに長い時間をかけていた。

また、指導者自らも成長なければ、チームは強くならないとして、自らも時間を見つけては野球を学び、身体を鍛えていた。

もちろん、高嶋監督も横着するのではなく、目の前の課題を一つずつ克服するようにしていた。

栄光に向かって地道に歩む高嶋野球のスタイルは、智弁和歌山の伝統としてこれからも継承されていく。

↓高嶋仁監督の記事はこちら↓

智弁和歌山の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です