「エラーしても積極的なプレーだったら怒らない」/ 東海大甲府 村中秀人監督

人生では、失敗というものがつきものであるが、いざ経験すると、悔しさや悲しさを味わってしまう。

また、努力に懸命に励み、ベストを屈した際にミスをすると、リベンジや新たな挑戦への意欲を失ってしまう。

そのため周囲の人は、失敗やミスという結果を叱ったり、前向きなチャレンジそのものを批判してはならない。

そんな考えから、東海大甲府を指揮している村中秀人監督は、選手たちの積極的な失敗やミスを叱らないようにしている。

村中監督が就任した当時の東海大甲府は、甲子園から遠ざかっていたこともあり、高いレベルの選手は揃っていなかった。

従って、強豪相手の試合では、自信が持てずに消極的なプレーになってしまい、自滅するケースも少なくなかった。

そこで、精神面の改革をスタートし、前向きなプレーや積極的な挑戦は評価をし、例え結果が悪くとも、叱らないようにした。

その結果、徐々に自分たちのプレーに自信が持てるようになり、チームは全国常連の地位まで復活を遂げたのであった。

選手たちを辛抱強く見守り、裏方から支えるスタイルでチームを作る、村中監督は、これからも東海大甲府の新たな歴史を刻む。

東海大甲府の記事はこちら。

【関連】山梨学院の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です