「『辛い時あったから今の自分がある』と振り返れる人間になってほしい」/ 敦賀気比 東哲平監督

人は誰しも、苦手なことや辛いことが訪れると、目を背けたくなったり逃げ出したくなるものである。

しかし、そうした辛いことを乗り越えた先には、自分が望む成果を掴める可能性があるため、チャレンジする価値はある。

また、例え結果を残すことができなくとも、成長した自分に出会えるため、無駄なことは一つもない。

そんな考えから、選手たちの挑戦する背中を押し続けているのは、敦賀気比を指揮する東哲平監督である。

東監督は、選手時代に周囲からの高評価に過信し、努力を怠ったことで、挫折を経験した。

そこで、後輩である選手たちに同じ想いをさせないために、ある程度結果を出している際にも、敢えて厳しい言葉をかけている。

もちろん、強制していては、どこかで手を抜いたり、サボってしまい、身につかないとして、あくまでもサポート役に徹している。

その結果、選手たちは現状に満足することなく、新たな課題に真摯に向き合うことができ、スピーディーに成長できるのだ。

辛いことにもにも、前向きに取り組めるような言葉をかけ、育て続ける東監督の指導から、今後も目が離せない。

敦賀気比の記事はこちら。

【関連】福井商業の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です