「どんな状況でも、信念を持って取り組めば目標に近づける」/ 東海大相模 門馬敬治監督

高いゴールを目指したり、難しい物事に取り組む上では、困難や苦労がつきものである。

そのため、途中の辛さに耐えかねて妥協をしたり、自分の甘さに負けて諦めたりしてしまう人は多い。

その一方で、強い心を持ち、どんな状況にも動じず、目の前のことに懸命に励んでいれば、必ず栄光を掴める。

そんな考えから、東海大相模を指揮していた門馬敬治監督は、信念を持って取り組むよう促していた。

門馬監督が就任した当時の東海大相模は、力のある選手も多く、最初のセンバツ大会では優勝を果たすなど、幸先の良いスタートとなった。

しかしながら、夏は約20年もの間、甲子園から遠ざかっており、そのジンクスから抜け出せずにいた。

また、名門校故にOBやファンからの厳しい声もあり、選手たち以上のプレッシャーが重荷となっていた。

それでも、できる限りの努力に励み、選手たちと一緒になって汗や涙を流したことで、遂に夏の甲子園出場の切符を掴むと、悲願の全国制覇も果たしたのであった。

劣勢や困難が訪れても、言い訳をすることなく、信念を持ち挑み続けた門馬監督のスタイルは、東海大相模の伝統として、これからも受け継がれていく。

東海大相模の記事はこちら。

【関連】横浜高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です