「誰でもできることができなければ技術の向上はあり得ません」/ 常葉大菊川 石岡諒哉監督

基礎や基本ということの繰り返しは、地道で退屈なものであるため、どうしても手を抜いてしまったり、雑に済ませてしまうことは多い。

また、それらは見た目が華やかでカッコイイ、高度なプレーやダイナミックな技術と比べて、評価をされることがないため、無駄に感じてしまう。

しかし、高いレベルの技術の取得や発揮には、誰もができるような当たり前のことを追求しなければ、身につけることはできないものである。

そんな考えから、常葉大菊川高校を指揮している石岡諒哉監督は、技術や能力の有無に関係なく、誰でも意識すれば取り組める当たり前のことを徹底する、指導を行っている。

常葉大菊川に入学しくる選手たちの多くは、チームの象徴である豪快な打撃やアクティブな守備、積極的な走塁に憧れているため、自然と派手さを意識してしまいがちになっている。

だが、そうしたプレーは、日頃の基礎基本の徹底によって培われたものであったり、グラウンドの外で人間性を磨いたことによって身についたものであるとして、石岡監督は派手さを求めない。

かつて基礎基本で得た派手な野球で、全国制覇の経験をしたOBの石岡監督だからこそ伝えられる唯一無二の指導方針で、常葉大菊川は再び頂点をめざしている。

↓高橋利和監督の記事はこちら↓

↓森下知幸監督の記事はこちら↓

常葉大菊川の記事はこちら。

【関連】静岡高校の記事はこちら。

【関連】日大三島の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です