「やってきたことを精いっぱい試合で出すことが一番大事なこと」/ 常葉菊川 森下知幸監督

野球というものがスポーツである以上、取り組む人は誰しも、勝つことを目指すものである。

トーナメント方式では、勝たないことには、先はないため、目の前の試合に、ベストを尽くして、勝利を狙う。

しかし、野球の魅力は、チームスポーツならではの素晴らしさや、頑張ったことを表現することのカッコ良さなど、勝ち負けだけではない。

そうした魅力を味わったり学ぶことができれば、例え野球で結果を残せなくとも、次のステージや人生では勝者になれる。

そんな考えから、常葉菊川を指揮していた森下知幸監督は、試合では、自分のベストを尽くすことを、目標としていた。

森下監督は就任当初、結果を求めるあまり、練習だけでなく、試合でも選手たちに厳しい言葉を浴びせていた。

だが、叱るばかりでは、選手たちが萎縮してしまい、本来の力を発揮できずに敗れることが多かった。

そこで、メリハリをつけ、試合では失敗をしても、チャレンジした姿勢を褒めるなどして、力を出し惜しませないサポートに努めるようにした。

そうすることで、選手たちはのびのびとプレーができ、チームは、全国制覇を果たすことにも、成功したのであった。

常葉菊川の記事はこちら

【関連】日大三島の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です