「どんな練習をするかの前に練習にどう向かわせるか」/ クラーク記念国際 佐々木啓司監督

情報化社会が加速したことで、スポーツの世界においても、様々な知識が手軽に得られるようになっている。

プロなどのトップレベルの技が効率的に学べたり、少ない練習量で高い効果を得られる方法が知れたりと、プラスにはたらくことが増えている。

一方で、どれだけ優れた方法を知っても、低い意識で取り組んだり、適当にこなしているだけでは、意味離さない。

自分の目指すゴールから逆算して、明確な目標を持ちながら、努力に励まなければ、結果が出ることはない。

そんな考えから、クラーク記念国際を指揮している、佐々木啓司監督は、練習への取り組む態度や姿勢にこだわっている。

佐々木監督は、技術や戦術の指導については、自分に合ったものを、選手たちが自分で調べて身につけた方が高いとして、必要以上に区を挟まない。

しかし、優れたノウハウを聞いたり学んだだけでは、意味はないとして、自分の武器になるまで、懸命に努力に励むことを促している。

もちろん、やらされている練習では意味がないとして、それぞれが自分の意志で取り組むことを求めている。

練習の以前に、練習に取り組むスタンスから、見守り指導を続ける佐々木監督に導かれ、チームは更なる飛躍を目指す。

クラーク記念国際の記事はこちら。

【関連】駒大苫小牧の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です