「すべてはやる気、やる気さえあれば不可能はない」/ 東海大菅生 若林弘泰監督

どんなに素晴らしい指導者がいても、どんなに効率的で質の高い練習メニューで指導されても、本人にやる気がなければ、成長することも結果が出ることもない。

反対に、指導者が不在でグラウンドがないなど、練習環境が限られていても、選手たち一人一人にやる気があれば、成長したり好成績を残すことができる。

そんな考えから、選手たちに「やる気」を持つことの大切さを伝え指導しているのは、東海大菅生を指揮する若林弘泰監督である。

若林監督は、選手たちが出し始めたやる気を奪わないためにも、技術面でのアドバイスは極力控え、本人の感覚や考えを尊重し、見守るようにしている。

その一方で、傲慢な態度や気を抜いたプレーなど、やる気が感じられない動きには、容赦なく叱責し、気持ちを込めるように促す。

もちろん、根性論を押しつけているわけではないが、行動したり挑戦する上では、まず、強く思わなければ始まらないとして、言葉や考えだけで、限界を決めないようにさせているのだ。

学校史上初の全国制覇に向けて、東海大菅生の選手たちと若林監督は、苦しい練習も厳しい試合もやる気を武器に戦い続けていく。

↓若林弘泰監督の記事はこちら↓

↓勝俣翔貴選手の記事はこちら↓

東海大菅生の記事はこちら。

【関連】早稲田実業の記事はこちら。

【関連】国士舘の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です