「個の力では勝てなくても、チームとしての上回り方はある」/ 富山第一 黒田学監督

近年の高校野球では、超高校級と称されるような、トップレベルの技術を持つ選手を集めたチームが全国制覇を成し遂げたり、甲子園で活躍する傾向にある。

しかしながら、高い技術や能力を持つ選手を集めるだけで、全国を制したり、甲子園出場を果たせるほど、高校野球は簡単で甘い世界ではない。

選手個々の技だけでなく心や体を育てると同時に、チームワークといった団体競技に必要な力も強化しなければ、高い目標へ辿り着くことはできない。

そんな考えから富山第一を指揮している黒田学監督は、個人の力を育てて勝つのではなく、団体競技の特性も生かして勝利を目指すチームの方針を掲げている。

黒田監督就任時の富山第一は、県内では上位進出を果たすも、個々の技術が劣る相手に苦しめられ、後一歩のところで甲子園出場は果たせていなかった。

そこで黒田監督は、個人の力を自分のためにだけ活用するのではなく、仲間の弱点の部分を補うためやチームの足りていない所に活かすよう促した。

また、監督やコーチが指示を出すことで、選手たちのチームワークが上手く機能しないこともあったため、必要以上に指導者が口を挟まず、自主性のスタイルも取り入れた。

その結果、選手たちは孤立することなく自立ができ、チームもそれまでになかった組織力という武器を手に入れ、悲願の甲子園出場を果たしたのであった。

↓黒田学監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「個の力では勝てなくても、チームとしての上回り方はある」/ 富山第一 黒田学監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です