「不安定なことや理不尽なことに強くならないといけない」/ 宇部鴻城 尾崎公彦監督

人生では、思い通りに行かないことや、予期せぬ不運に見舞われることが少なくない。

頑張っていることが報われなかったり、一生懸命に努力しても叱られるなど、現実は過酷なものである。

だが、現状に不満を述べたり、上手くいかないことを誰かのせいにしていても、好転することはない。

目の前の事象に真摯に向き合い、厳しい状況にもベストを尽くすことで、結果が得られる確率は高まる。

そんな考えから、宇部鴻城を指揮している尾崎公彦監督は、どんな状況にも動じない選手を育てるようにしている。

尾崎監督は、野球では、物事がスムーズに進まないことが多いことを伝え、その際に、どのように対処するかを考えさせている。

野球ではあらゆる場面を想定させ、作戦が失敗した時や、予想外のエラーなどにも、対応できるような力をつけさせている。

そうすることで、ビハインドの試合や、アウェイな雰囲気の球場でも、普段通りの力が発揮でき、勝利を掴めるのだ。

最悪の状況を想定し、ベストを尽くす癖をつけさせる、尾崎監督のスタイルで、宇部鴻城は更なる飛躍を目指す。

宇部鴻城の記事はこちら。

【関連】下関国際の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です