「選手が伸びないというのは指導者の引き出しの少なさと愛情不足だと思っています」/ おかやま山陽 堤尚彦監督

無名のおかやま山陽を甲子園出場へと導き、強豪校としての地位を確立させた、堤尚彦監督

高校野球の指導者でありながら、ジンバブエの代表チームの監督を担うこともある。

そんな堤監督は、選手たちを人間性から育てることに力を入れている。

そのためチームには、66カ条にもなる「部訓」が存在しているが、いずれも野球にだけ関係するのではなく、人生に役立つ言葉が記されている。

もちろん、その言葉は単なる綺麗事を集めただけではなく、そこには堤監督の人生で得た教訓ばかりである。

野球の指導者から教育者、海外青年協力隊など、あらゆるキャリアで学んだことを、野球を通して伝えているのだ。

また、文字だけでは上手く伝わらず、選手たちが伸び悩んでいる時には、自身の経験を参考に口頭でアドバイスを送ることも行う。

そして、選手たちの成長が止まることは、自らの指導力不足であるという持論から、実績を残してもなお、勉強や様々なことへの挑戦する姿勢を忘れない。

選手たちだけに努力を課すのではなく、監督自ら挑戦して手本を見せてる指導スタイルは、これからもおかやま山陽の強さを支えていく。

↓堤尚彦監督の記事はこちら↓

おかやま山陽の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です