「なぜ負けたかということを突き詰めていかないと成長はない」/ 大阪桐蔭 西谷浩一監督

勝負事で負けた際には、次戦への課題となる敗因を見つけ出し、それを修正したり考え直すことが求められるが、敗北から反省へ気持ちを切り替えることは容易ではない。

「野球を通じて何を学べるかによって、そのチームの値打ちも決まる」/ 大阪桐蔭 西谷浩一監督

大阪桐蔭が、21世紀に入って以降、「最強軍団」と称されるまでに成長したのには、野球以外の部分の指導にも力を入れてきたからであろう。

「相手を見上げてしまったら絶対に勝負には勝てない」/ 大阪桐蔭 萩原誠選手

1991年の甲子園に、春夏連続で初出場を果たし、センバツでは8強、選手権では全国制覇を成し遂げた、大阪桐蔭高校。 そんなチームの4番打者を務めていたのは、高校通算58本塁打を記録し、大会屈指のスラッガーとして注目されてい … “「相手を見上げてしまったら絶対に勝負には勝てない」/ 大阪桐蔭 萩原誠選手” の続きを読む

「考えすぎては逆にダメ」/ 大阪桐蔭 水本弦選手

2012年の甲子園で、史上7校目となる春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、攻守にわたる活躍でプレーでもチームを引っ張っていた、水本弦選手である。

「一日一日、自分で良かったと思える練習をしていくことが大事」/ 大阪桐蔭 根尾昂選手

2018年の甲子園で、史上初の2度目の春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭高校。 当時、高校通算32本塁打でチームの主軸を担い、投手としても150キロを超える速球を誇り、史上初の2年連続優勝投手になるなどの活躍を見せていたのが、 … “「一日一日、自分で良かったと思える練習をしていくことが大事」/ 大阪桐蔭 根尾昂選手” の続きを読む

「オフの時期はチームワークは必要ない」/ 大阪桐蔭 西谷浩一監督

「平成最強」と称される大阪桐蔭の強さを支えていたのは、独自のチーム作りであった。 チームを指揮する西谷浩一監督は、団体競技の最大の難点である「個々の育成」と「チームワークの強化」の両立をバランスよく行い指導している。

「最高のパフォーマンスをするには『負けたら』ではなく、『絶対勝つ』と思うこと」/ 大阪桐蔭 辻内崇伸選手

2005年の夏の甲子園で、優勝候補の筆頭として注目を集めて、4強まで勝ち進んだ大阪桐蔭高校。 そんなチームを務めていたのが、大会ナンバー1サウスポーとして注目を集めていた、辻内崇伸選手である。

「考えてやらないと何をやっても意味がないんです」/ 大阪桐蔭 福井章吾選手

2017年のセンバツ大会で、史上初となった大阪勢対決の決勝戦を制して、2度目の春の王者となった大阪桐蔭高校。 当時、後に春夏連覇を達成する後輩やドラフト候補も多数存在したチームをまとめていたのが、福井章吾選手である。

「全員をレギュラーにすることはできなくても、全員をうまくすることはできる」/ 大阪桐蔭 西谷浩一監督

「平成最強」の称号を手にしたと言っても過言ではない、名門、大阪桐蔭高校。 平成の30年間で63勝を挙げ、8度の甲子園制覇と驚異的な数字に加え、第一線で活躍を続けるプロ野球選手も多数輩出している。