「良いことがあると変えるのが怖くなるが、変化をしないと成長もない」/ 学法石川 佐々木順一朗監督

春夏合わせて、10回を超える甲子園出場を記録している、福島県の学法石川。 そんなチームを平成30年秋から指揮しているのは、仙台育英の監督を約20年勤め、センバツと選手権で1回ずつ準優勝に導いた経験を持つ佐々木順一朗監督で … “「良いことがあると変えるのが怖くなるが、変化をしないと成長もない」/ 学法石川 佐々木順一朗監督” の続きを読む

「答えを言うのは簡単なので、 我慢しています」/ 学法石川 上田勇仁監督

春夏合わせて10回以上の甲子園出場を誇る福島県の強豪校、学法石川。 21世紀に入ってからは、甲子園から遠ざかっているが、東北大会や県大会では上進出をし、毎年優勝候補に名を連ね注目を集めている。 そんな、学法石川で2013 … “「答えを言うのは簡単なので、 我慢しています」/ 学法石川 上田勇仁監督” の続きを読む

「チームが負けないことが何より大事です」/ 聖光学院 歳内宏明選手

2011年、東日本大震災によって、練習時間や場所が確保できていない状態で出場し、夏の甲子園で初戦突破を果たした、福島県の聖光学院。 当時のチームを支えていたのは、後にドラフト2位でプロ入りを果たす、歳内宏明選手である。

「相手がいる野球の勝ち負けは操作できないけど、自分自身に勝つことは操作できる」/ 聖光学院 斎藤智也監督

21世紀に入って初めて甲子園出場を果たすと、その後は、甲子園常連校となり、夏は2007年から連続出場の記録を更新し続けている福島県の聖光学院。 そんなチームを1999年より指揮しているのが、「陸奥の名将」と称されている、 … “「相手がいる野球の勝ち負けは操作できないけど、自分自身に勝つことは操作できる」/ 聖光学院 斎藤智也監督” の続きを読む

「やっている人間が腐っていれば、ボールも死んでしまいます」/ 聖光学院 斎藤智也監督

21世紀に入り初の甲子園出場を果たし、今や甲子園の常連校として全国から注目を集める存在となったのが福島県の聖光学院である。 2007年から続く夏の甲子園連続出場記録は、戦後最長記録を樹立し、毎年自校の記録を更新し続けてい … “「やっている人間が腐っていれば、ボールも死んでしまいます」/ 聖光学院 斎藤智也監督” の続きを読む

「地に足を付けてやること、浮かれないことが一番大事」/ 仙台育英 佐々木順一朗監督

平成に入って、何度も悲願の甲子園制覇に近づいた東北勢。 そんな東北勢の中でも優勝に最も近いと言っても過言ではないのが仙台育英である。 仙台育英は甲子園で平成の30年間で41の勝ち星を挙げ、元年と27年の夏、13年のセンバ … “「地に足を付けてやること、浮かれないことが一番大事」/ 仙台育英 佐々木順一朗監督” の続きを読む

「上手い選手はいらない、強い選手しか使わない。」 / 聖光学院 斎藤智也監督

21世紀に入って初めて甲子園の土を踏んだ福島の聖光学院。 その後、18年間で春夏合わせて20回の甲子園出場、夏は県大会で13連覇を記録するなど、高校野球界では知らぬ者はいない強豪へと成長した。 そんなチームを1999年よ … “「上手い選手はいらない、強い選手しか使わない。」 / 聖光学院 斎藤智也監督” の続きを読む