「人間はどの大学、どの会社に入ったかではなく、そこで何をしたかが問題」/ 学法石川 佐々木順一朗監督

3度の甲子園準優勝を果たしていることから、東北勢の悲願に最も近づいたと称されている、宮城県の仙台育英高校。

その内2度の準優勝に、指導者として導いたのは、現在、学法石川を率いる、名将、佐々木順一朗監督である。

佐々木監督は、「本気になれば世界が変わる」をモットーに、選手たちが熱意を持ち、主体的に取り組めるような環境作りを意識している。

そのため、ミスに対して叱責をしたり、過酷なトレーニングメニューで追い込むことはしない。

失敗を恐れたり、辛さから逃げるようになっては、本気で取り組めなくなり、本来の力を引き出せないからである。

どのようにすれば、楽しんで努力に励めるかや、思い切ってプレーできるかを考え、最大限のフォローやサポートをしている。

もちろん、楽しいだけでは、結果を出せないだけでなく、成長することもないとして、楽をさせたり甘やかすことはしない。

例え勝利や甲子園という切符をつかめなくとも、次のステージで役に立つスキルや経験を積ませるなど、選手たちのプラスになる3年間を目指している。

高校野球を通して、野球人としてでだけでなく、人としてレベルアップさせる佐々木監督学法石川での指導からも目が離せない。

学法石川の記事はこちら。

【関連】聖光学院の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です