「歴史を重ねて80回、母なる大地甲子園が生んだ、史上最強にして最高のチーム!横浜高校!春夏連続優勝!!」

1998年  第80回全国高等学校野球選手権記念大会  決勝戦 横浜(東神奈川代表) × 京都成章(京都府代表)

「優勝候補が強いのではなく、勝ったチームが強い」/ 横浜高校 渡辺元智監督

春夏合わせ、5回の甲子園制覇を誇る、名門横浜高校。 「史上最強にして最高のチーム」と讃えられた、松坂大輔選手を軸とした1998年のチームでは、甲子園春夏連覇だけでなく、神宮大会、国体も制し、公式戦一年間負けなしという驚異 … “「優勝候補が強いのではなく、勝ったチームが強い」/ 横浜高校 渡辺元智監督” の続きを読む

「楽しいだけでは頼もしい人間は育たない」/ 横浜 渡辺元智監督

例えどんなに好きなものであっても、続けていれば、壁にぶつかったり課題の克服に苦戦したりと、辛さやしんどさというものに触れることとなる。

「自分で掴んだものが真の力になる」/ 慶應義塾 森林貴彦監督

今日頑張ったことや、過去に真剣に取り組んだ努力は、未来の自分が苦しんだ時に支えとなったり、不安な時に自信をくれたりとプラスに働くものである。

「一人一人が役割を受け止め、責任を果たしてくれたらチームは強くなる」/ 桐蔭学園 片桐健一監督

野球をはじめとした団体競技では、レギュラー選手だけでなく控え選手にも役割があり、その役割をチーム全員が果たすことで、成長や成果につながる。

「選手たちの野球人生は高校野球で終わるわけではない」/ 横浜 平田徹監督

高校野球は2年半という限られた時間しかないため、結果を出すには急がざるを得ず、必要以上に負荷をかけた練習をしたり、追い込んだトレーニングをしてしまうこともある。

「失敗を気にしていたら、絶対に結果は出ません」/ 桐蔭学園 森敬斗選手

2018年に、秋の関東大会を24年ぶりに制し、翌年のセンバツには、18年ぶりの出場を果たした、神奈川県の桐蔭学園高校。 当時、チームの主将を務めていたのは、走攻守三拍子揃った遊撃手として、全国から注目を集めていた森敬斗選 … “「失敗を気にしていたら、絶対に結果は出ません」/ 桐蔭学園 森敬斗選手” の続きを読む

「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手

2004年の夏の甲子園で、優勝候補として徹底マークされる中、前評判通りの活躍を見せ、8強進出を果たした、横浜高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、最速148キロの速球を武器に、3試合連続2桁奪三振を記録していた、 … “「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手” の続きを読む

「すべての試合展開が『想定内』であるように、心掛けています」/ 東海大相模 門馬敬治監督

試合で起こりうる全てのことが、「想定内」であるからこそ、東海大相模は、どんな状況であっても、自分たちの野球を貫けるのだろう。