「頑張ったことを次へ生かさないと意味がない」/ 明石商業 狭間善徳監督

世間では、頑張ったという事実は、結果を出してはじめて、認められたり賞賛されるものである。

しかし、努力というものは、例え結果に結びつかなかったとしても、その経験自体が無駄になることはない。

夢に向かって、知恵を絞り工夫を重ね、最後まで諦めなかったことは、別の目標を追いかける際にも、役に立つ。

もっとも、それまでの頑張りに納得していては、成長はストップしてしまうため、地道に歩むことをやめてはならない。

そんな考えから、明石商業を指揮している狭間善徳監督は、努力だけに満足しないように伝えている。

狭間監督は、春夏いずれの甲子園でも、4強へ導いた実績のある一方、指導者生活は、栄光ばかりではなかった。

明石商業就任当時は、県大会で惜敗することが多く、何度もあと一歩のところで、甲子園を逃してきた。

それでも、自らが頑張ってきたことを無駄にしないように、更なる努力を重ねて、諦めることなく挑み続けたことで、遂には、全国トップレベルの学校にまで育て上げた。

明石商業の記事はこちら。

【関連】報徳学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です