「人は批判されてやっと一人前や」/ 明石商 狭間善徳監督

高校野球のみならず、世間では、結果を出した者や、何かをなと遂げた人に対して、妬んだりひがんだりする傾向があり、場合によっては批判の対象となることもある。

しかし、そういった嫉妬や批評は、成果を残した証拠であり、誇れるものでもあると、明石商業を指揮する狭間善徳監督は考えている。

狭間監督は、就任と市や学校が野球に対してバックアップ体制を始めたのが同時期であったため、県内トップレベルの強豪校へと成長するのは、比較的スムーズであった。

もちろん、狭間監督のチーム作りや技術伝達、粘り強く選手たちと向き合ったことなどの指導手腕が、県内ですら無名であったチームの急成長を支えていた要因であった。

だが、世間からは、環境が整っているのだから結果が出るのは当然と認識され、監督や選手たちの寝る間も惜しんでの努力は、評価されず、反対に批判やバッシングされることも少なくなかった。

それでも、周囲からの厳しい声を成長のバロメーターと解釈し、更なる努力を黙々と重ねては、次々に結果を残していくことで、いつしか、嫉妬は応援となり、人気の強豪校にまで進化を遂げた。

低迷期からの脱却に、嫉妬を払拭するなど、目の前の試練を圧倒的な努力で乗り越えていく狭間監督が、全国制覇という壁を壊す日は近そうだ。

↓狭間善徳監督の記事はこちら↓

↓重宮涼選手の記事はこちら↓

明石商業の記事はこちら。

【関連】報徳学園の記事はこちら。

【関連】東洋大姫路の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です