「厳しいだけの愛がない指導はダメ」/ 智弁学園 小坂将商監督

勝負の世界というものは、中途半端や片手手間で取り組んで勝てるほど、簡単なものではない。

努力を重ねたり課題に真摯に向き合うなど、本気でチャレンジしてはじめて、結果が残せるのである。

しかし、厳しいだけでは、挑戦に対して恐れや嫌気が出てしまい、本来の力を発揮できずに終わってしまう。

そのため、指導者という立場の人は、厳しさの配分やコントロールに気を配る必要がある。

そんな考えから、愛情を持って選手たちと接する方針を掲げているのは智弁学園を指揮する、小坂将商監督である。

小坂監督は就任当初、強いチームや優れた選手を育てるには、厳しい指導が必要と考えていた。

だが、ひたすら追い込むだけでは、選手たちの意欲の低下や後ろ向きな行動が増え、マイナスに働くことが多かった。

そこで、メリハリをつけて冗談を言ったり、試合でリラックスできるよう、笑顔を推奨するなど、愛情を持って指導をするようにした。

その結果、選手たちはのびのびとプレーができるようになり、チームは学校史上初の全国制覇を成し遂げたのであった。

智弁学園の記事はこちら。

【関連】天理高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です