「悲劇のヒーローになるより、次の一歩を踏み出せ」/ 興南 我喜屋優監督

沖縄県勢の悲願であった夏の甲子園優勝を、春夏連覇という最高の形で掴み取った、興南高校。

過去に幾多も甲子園を制した経験を持つ名将ですら認める、その圧倒的な強さは、偉業ともに語り継がれている。

そんな史上最強との呼び声も高いチームを作り上げたのは、我喜屋優監督である。

我喜屋監督は、野球の選手である前に、一人の人間であるという考えから、選手たちの人間性を鍛えることを重視している。

挨拶や掃除、私生活のルールの徹底はもちろん、遠征先の宿泊施設の過ごし方まで、細かな約束事を決め、完璧を追求している。

日々の小さな積み重ねが、大舞台でのミスを防いだり、僅かなチャンスをものにする力に繋がるという持論からだ。

また、人間性を鍛える上では、逆境やハンデに対して、プラスに捉える思考力が必要として、心と頭を鍛えさせていた。

当初は戸惑っていた選手たちも、次第に工夫で乗り越える癖をつけ、遂には、長梅雨により練習ができない沖縄のデメリットも、カッパを着て克服したり、雨の試合対策と認識するようになっていった。

どんな状況になっても、決して諦めることなく前に進む姿勢を持ち続けるところに、興南高校の強さがあるのだろう。

興南高校の記事はこちら。

【関連】沖縄尚学の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です