「高校野球の価値というのは、チームが勝つことなんだ」/ 花巻東 佐々木洋監督

野球は団体のスポーツであることから、個人の活躍がチームの勝利につながりがらない場合や、個人の小さなミスが敗戦に影響することもある。

その一方で、味方のミスを防いだり挽回するといった全員で戦うことができれば、個人の力が相手チームより劣っていても、勝利を掴める可能性がある。

そのため指導者は、選手個々の技術をレベルアップをさせること同時に、チーム力を高めること強い組織を作ることも求められる。

そうした団体競技の面白さや難しさを把握し、控え選手を含めたチーム力で勝利を目指すスタイルで指導をしているのは、花巻東を指揮する佐々木洋監督である。

佐々木監督は、選手たち全員にチームが勝つために自身がどのような役割を徹すればいいかを考えさせ、その役割を果たすための努力をするよう伝えている。

もちろん、試合に出ない選手やベンチ外のメンバーにも、相手チームのデータを収集し分析したり、試合の応援で支えることも立派な役目として、やり遂げるよう後押ししている。

ただ勝ちを追求するだけでなく、勝ち方にもこだわり、価値を学ばせる佐々木監督の指導こそ、高校野球の本来の姿なのかもしれない。

↓佐々木洋監督の記事はこちら↓

花巻東の記事はこちら。

【関連】盛岡大附属の記事はこちら。

【関連】水谷哲也監督の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です