「いくら時代や社会が変わっても、変えてはならないものがある」/ 福井商 北野尚文監督

伝統と実績を兼ね備える北陸を代表する名門、福井商業を指揮していた北野尚文監督

廃部の危機であったチームを立て直し、全国常連の強豪校へと育て上げた手腕は、名将と称される指導者からも高い評価を受けている。

そんな北野監督は、時代の変化とともに変わり行く野球のスタイルや選手たちへのアプローチには、人一倍早く対応していた。

中でも、金属バットが導入された際には、筋力トレーニングをいち早く取り入れていた。

それによって、パワー型野球の時代には、全国トップレベルの打撃力を備えるチームを完成させていた。

その一方で、指導の根本には、野球人ではなく人を育てるといったモットーは、時代や世間の価値観が変わっても貫き通していた。

人間的に成長しなければ、グラウンドでも社会でも活躍できないという持論から、礼儀やマナーなどの指導には多くの時間を割き、就任以降変えることはなかった。

その結果、優れた選手だけでなく、人間を育てげていたことから、周囲から「北野学校」とまで評されていた。

新しさを追求しながらも、人間教育という信念は変えることなく貫いた北野監督の築き上げた伝統は、福井商業へ受け継がれていく。

↓北野尚文監督の記事はこちら↓

福井商業の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です