「『明日やろう』は『バカヤロウ』」/ 富島 浜田登監督

県内ですら無名であった、富島高校を甲子園に出場する強豪校にまで育て上げた、浜田登監督

就任から短期間で甲子園出場へと導いたことから、大きな話題となり注目も集めた。

しかし、その裏には浜田監督の困難や苦労を乗り越えるための努力や工夫がいくつも存在していた。

浜田監督富島高校で指導をスタートした際のチームは、14季連続県大会初戦敗退という不名誉な記録に加え、部員数も3学年合わせてギリギリ試合ができるという状態であった。

また、練習場所となるグラウンドは、他の部活動と併用しなければならないなど、環境も決して恵まれてはいなかった。

それでも、甲子園出場を目標に掲げ、自身の野球キャリアで培ったノウハウを余すことなく伝え、チームの土台を築いた。

中でも、栄養士を招いて理論に基づいた食トレの導入は、体の成長によって自信も得られるなど、大きな効果をもたらした。

そして、苦手なことや面倒なことを先回しにする風習を改めるために、一つずつ課題を克服させることをチームの新たなスタイルとして確立した。

その結果、チームは日に日に力をつけ、ついには春夏いずれの甲子園出場を果たすまでの強豪校に育ったのであった。

↓浜田登監督の記事はこちら↓

富島高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です