「勝とうと思ったら厳しさが必要なんです」/ 鹿児島実 久保克之監督

例えどんなに好きなものや得意なことであっても、結果を出そうとすれば、努力や鍛錬が必要であり、それらをする上では、しんどさや辛さが伴うものである。

しかし、そうした苦しみを乗り越えた先には、成長した自分に出会えたり、望んでいた結果が得られるなど、喜べる出来事が待っているものである。

そうした考えから、厳しさを経験させ、心身ともに鍛えるスタイルで指導をしていたのは、鹿児島実業を指揮していた、久保克之監督である。

久保監督は、高校野球界で有名なほど厳しい指導者であり、技術面だけでなく、学校や寮生活、挨拶やマナーなどにも一切の妥協なく、選手たちを日々鍛えていた。

そのため、世間からはあまりの過酷さに対して、疑問の声が上がったこともあったが、野球でミスをしないためには、日頃からミスをしない癖をつけさせることが必要という持論から、ぶれることなく続けていた。

その一方で、甲子園では選手たちが萎縮しないように笑顔で見守るなど、メリハリをつけた指導で、チームが最大限の力を出せるような工夫も凝らしていた。

そうした選手たちの目標を叶えるために、嫌われることを恐れず厳しい指導を貫いたり、失敗を受け入れるなどの愛情を見せた久保監督の指導は、県勢初優勝という形で報われたのであった。

↓宮下正一監督の記事はこちら↓

↓定岡正二選手の記事はこちら↓

↓杉内俊哉選手の記事はこちら↓

鹿児島実業の記事はこちら。

【関連】樟南高校の記事はこちら。

【関連】神村学園の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です