「規格外の練習をこなせ」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

高校野球だけでなく、何事も普通のことを普通の量だけこなしていては、偉大な結果や大きな成長を得ることはできない。

人一倍の量、質を誇る努力や、誰にも負けない鍛錬をつむことで初めて、栄光を掴めたり、偉業を達成することができるものである。

そんな考えを持ち、全てにおいて圧倒的な努力をすることを目標に掲げ、母校の駒大苫小牧を指導しているのは、佐々木孝介監督である。

佐々木監督は、選手時代に主将として、高校野球史上初の北海道勢の甲子園優勝へと導いた経験から、日本一になるための練習の仕方や努力の必要性、気持ちの持ち方などを伝えている。

日々の練習では、基礎基本の徹底はもちろん、 サインプレーや連携プレーなどの際のカバーリング一つにも妥協することなく、完璧をめざしている。

また、時代錯誤や非効率という批判やマイナス要素を覚悟した上で、敢えて伝統の雪上練習をはじめとした、「根性」を身につけるためのメニューを取り入れ、「自信」をつけさせる工夫も凝らしている。

自身と同じ経験をさせるために、チームの伝統を継承し、選手たちを厳しく鍛え上げる佐々木監督の指導から、今後も目が離せない。

↓佐々木孝介監督の記事はこちら↓

↓香田誉士史監督の記事はこちら↓

↓田中将大選手の記事はこちら↓

駒大苫小牧の記事はこちら。

【関連】北海高校の記事はこちら。

【関連】札幌大谷の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です