「気持ちが強い方が勝つ」/ 日大三島 永田裕治監督

スポーツでは、戦力差を参考にすれば、勝ち負けや、ある程度の展開を予想することができる。

しかし、勝敗は、必ずしも下馬評通りになることはなく、試合も想定通りに進めることは難しい。

そのため、相手より力がある場合にも、油断や過信をせずに、最後の最後まで攻め続ける姿勢を持たなければならない。

一方で、どんな強い敵を前にしても、試合前から諦めるのではなく、辛抱強く踏ん張れば、勝利にたどり着ける可能性は高まる。

そんな考えから、日大三島を指揮している、永田裕治監督は、気持ちを込めたプレーを求めている。

永田監督が就任した当時の日大三島は、長年、甲子園から遠ざかっていたものの、決して力のないチームではなかった。

だが、全国レベルの学校を前にすると、戦う前から名前負けをしてしまうケースが多かった。

そこで、小さな成功体験で自信をつけさせ、技や肉体では劣っていても、気持ちでは負けない選手を作るようにした。

その結果、苦しい場面や強豪を相手にしても、動じることがなくなり、チームは、全国の舞台に返り咲きを果たしたのであった。

日大三島の記事はこちら。

【関連】常葉大菊川の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です