「グラウンドには人生の縮図がある」/ PL学園 中村順司監督

スポーツは、技術を伸ばしたり、ルールやノウハウを学ぶことで、勝利の可能性を高めることができるものである。

しかし、高いレベルの戦いになると、スキルやスペックだけでは、相手を上回ることができなくなる。

そうした状況では、プレーそのもの質より、プレーをする人の人間性を高めていかなれば、勝利を掴めない。

そのため、日頃から人間性を高め、スポーツ選手としてではなく、一人の人間として、一流になることが求められている。

そんな考えから、PL学園を指揮していた中村順司監督は、野球を鍛える前に、人間性を磨くよう、促していた。

中村監督は、春夏合わせて6度の甲子園制覇へ導くなど、輝かしい実績を残していたことから、その采配や指導力が注目されることが多い。

だが、野球を教えることは少なく、仲間と助け合うことの大切さや、相手を敬う気持ちを持つことなど、人間教育に力を入れ、強いチームを育てていた。

野球をする人間が一流でなければ、一流のチームや選手になれないことはもちろん、次のステージでの勝利を掴めないという持論からだ。 

グラウンドで、野球を学ばせながら、人を育てた中村監督の功績は、球史に残した数々の記録とともに、語り継がれていく。

PL学園の記事はこちら。

【関連】大阪桐蔭の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です