「『勝つ』ことよりも、『一生懸命』の方が尊い」/ 日本文理 大井道夫監督

世間では失敗よりは成功が、敗北よりは勝利がそれぞれ評価される傾向にあるため、結果を出すことにばかり専念したり拘ってしまう人は多い。

しかし、結果を出すことだけが全てでなければ、善し悪しを示す指標でもないため、周りの声を気にしたり他人の見解にばかり耳を傾ける必要はない。

何事も結果を出すまでの過程をどのように過ごしたかや、出た結果をどのように受け止め次に生かしたかなどの取り組みこそが、人生では重要である。

そんな考えから、日本文理を指揮していた大井道夫監督は、レギュラーや勝利という目に見える結果より最後まで一生懸命に取り組むことを求めていた。

大井監督は、チームや県の悲願である全国制覇を達成することを掲げながらも、技術や実力は簡単には向上しないため、無理なノルマを課して追い込むことはしなかった。

だが、誰もができるような一生懸命に練習をすることには強いこだわりを持ち、手を抜いている選手には厳しく叱責し、試合で起用しないこともあった。

それでも、選手たちが一生懸命取り組んだ上では、レギュラーや補欠、結果に関係なく平等に評価し、次なる挑戦や努力への意欲を後押ししていた。

練習で厳しいのではなく、練習に対して厳しくあり、過程を大切にし続けた大井監督の指導は、多くの教え子たちの人生でも役立つものとなっている。

↓大井道夫監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「『勝つ』ことよりも、『一生懸命』の方が尊い」/ 日本文理 大井道夫監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です