「相手と技術で勝負するな、気持ちで勝負しろ」/ 日本文理 大井道夫監督

夏の甲子園準優勝を筆頭に、新潟県の球史を大きく変えた、日本文理を指揮していた大井道夫監督

強打で攻めるチームを作ることがあれば、投手を中心に守り勝つスタイルを確立することもあった。

そんな型に嵌めることなく、毎年選手に適したチームを作り上げる手腕が、日本文理の成長の要因に挙げられる。

しかし、大井監督がチームを強豪校へと育て上げることができた最大の理由は、気持ちで闘うスタンスを確立したことだろう。

大井監督が就任した当時は、県全体のレベルが高くなかったこともあり、甲子園は夢物語、全国制覇は口にする者すらいなかった。

また、雪の影響で半年近くグラウンドでの練習ができないことも、夢の壁となっていった。

それでも大井監督は、できる練習に励めば結果は残せるとして、言い訳することなく指導を続けた。

そして、どんな環境で技術が低くとも、気持ちを込めることは誰でもできるとして、気持ちで負けないチームを作り続けた。

日本文理が次々と成し遂げた偉業は、奇跡ではなく大井監督の熱意が作り上げたものだったのだろう。

↓大井道夫監督の記事はこちら↓

日本文理の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です