「できるまであきらめずにやるのが成功のもとです」/ 健大高崎 青柳博文監督

失敗を経験すると辛さや悲しさが込み上げてくると同時に、それまでの頑張りが否定されたような気持ちになり、新たな挑戦への意欲が枯れてしまうことがある。

だが、挑戦というものを避けるようになると、失敗こそしないものの、成功することもなければ、成長することもないといった大きなデメリットを体現することになる。

その一方で、苦しい想いをしても涙を流しても、諦めず続けることができれば、成長や成果を手に入れることができ、自信や経験値といったものも得られる。

そんな考えから、健大高崎を指揮している青柳博文監督は、挑戦する姿勢を持ち続けることの大切さを伝え、選手たちの挑戦を支えるスタンスで指導を行っている。

青柳監督は、チームの代名詞「機動破壊」に代表されるように積極的な野球を目標に掲げることが多いが、そこには選手たちに萎縮せずプレーして欲しいという狙いがあった。

そのため、例え結果が悪くとも、自分なりに考えて前向きな気持ちでしてしまった失敗に対しては叱るのではなく、姿勢を評価し改善点をアドバイスを中心に声をかけている。

もちろん、自分勝手なプレーや中途半端な動きには厳しく指摘をするが、挑戦する意欲を低下させないように、対話を重視したり時間をかけて説明するようにしている。

成功の通り道にある失敗をポジティブなものとして捉えさせ、挑戦をサポートし続ける青柳監督の指導を武器に、健大高崎全国制覇を目指している。

↓青柳博文監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 金足農業 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です