「野球は東大に入るより難しい」/ 日本文理 鈴木崇監督

球史に残る激闘を繰り広げて甲子園準優勝を果たして以降、全国レベルの強豪校として認識されている新潟の日本文理

そんなチームを作り上げた大井道夫監督の跡を継ぎ指揮しているのは、鈴木崇監督である。

鈴木監督は、名将の後継者として注目を集めるだけでなく、学校の次なる目標である全国制覇への期待もあり、就任時は大きなプレッシャーがあった。

だが、結果を焦らず、長年コーチとして大井監督の傍で学んできたことを一つずつ継承していった。 

その一方で、全国常連になったことで、チームに生まれつつあった過信をなくさせることにも時間を割いている。

甲子園や上のレベルでの試合を見据え過ぎて、今真剣に取り組むべき試合や練習が疎かになると、必ず足元をすくわれるからだ。

そのため、練習では目の前のワンプレーにも妥協を許さず、ミスが起こった際には徹底して原因を考えさせたり、防ぐための方法を身につけさせている。

そして試合では、予想や経験をしたことのない場面やプレーに出くわすこともあるとして、臨機応変な対応力も体得するよう促している。

現状にキチンと向き合わせ、準備を怠らない鈴木監督の指導に導かれる日本文理が、全国の頂点を掴む日は近そうだ。

↓鈴木崇監督の記事はこちら↓

日本文理の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です