「その場の状況を判断して効果的な方法を選ぶとういう思考が野球では大事」/ 日本文理 鈴木崇監督

野球というスポーツは、攻守の機会が平等に与えられていることに加え、プレーとプレーの間にある程度のインターバルがあるため、他競技より考える時間がある。

そのため、その時間に起こりうる展開を予想して準備することができれば、ミスを防げたりチャンスを掴める可能性が高まり、勝利に近づくことができる。

しかし、試合では想定を超えるような出来事や練習で経験していないようなプレーも起こるため、咄嗟に状況を判断する力を持つことが必要となる。

そんな考えから日本文理を指揮している鈴木崇監督は、事前の準備を大切にしながらも、その場で適切に対応する力も同時に身につけるよう促している。

鈴木監督は、選手や指導者として何度も甲子園を経験する中で、予想外のことが起こった際に正しい判断と対応する力の必要性を痛感していた。

そこで選手たちには、日々の練習で目の前のプレーが次のプレーにどのような影響を与えるかや、どう対処するかを考えさせるようにしている。

また、失敗を防いだりカバーするだけではなく、得点や良い流れに繋がるプレーにすることも考えさせるなど、プラスの効果をもたらすことも求めている。

野球の技術を鍛えたり身体の強化だけに力を注ぐのではなく、持っている能力を上手く活用して高い成果を出させる鈴木監督のスタイルで、日本文理は悲願の全国制覇を目指している。

↓鈴木崇監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です