「努力しているか、していないのかは周りの人が思うこと」/ おかやま山陽 堤尚彦監督

県内では、上位進出の常連で あり、春夏いずれの甲子園にも出場経験もある、おかやま山陽高校。

高校野球界においては、ニューフェイスとして位置づけられているが、プロ野球選手も輩出している、強豪校である。

そんなおかやま山陽を指揮しているのは、国外での野球の指導を行っていたキャリアを持つ、堤尚彦監督である。

堤監督は、ジンバブエの代表チームの指揮官を務め、オリンピックを目指すなどの活動も行っている。

そのため、勝つための野球や戦術を熟知しており、技術を育てる指導にも定評がある。

しかし、おかやま山陽では、高校野球は教育の一環であるという考えから、人としての成長させることを優先している。

実際、自身の海外での活動から学んだことを伝え、幅広い視点や考え方を持たせることを重視している。

また、結果を出すこと以上に、努力をすることが大切であることを伝え、周囲から認めてもらえるようにこなすことも求めている。

自らの体験を通して得た情報を、野球を通じて伝え、選手たちを人間的に成長させる堤監督に導かれ、おかやま山陽は更なる飛躍を目指す。

おかやま山陽の記事はこちら。

【関連】創志学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です